« 自宅近くのコスモス畑で写真撮影 | トップページ | カルチャースクール申し込み »

市内温水プールで今年度第2期水中リハビリ教室初日

昨日は、サンテ坂戸の温水プールで今年度第2期水中リハビリ教室初日でした。
主催者側の挨拶の中で、参加者からリハビリ成果のフィードバックのデータの開示がないと不満の意見がありました。
私は、この程度の少ないデーターではN数が全然足りない。数値結果に一喜一憂することは無いと思いますが、参加者がただの研究材料になっていると不信感を持つのは当然です。
まあ、脳性まひの私の場合はその年齢に対しての平均値と比較しても全く論外の数値になります。
私は、リハビリ運動教室が終わっても継続して自主リハビリができるように、個人個人にリハビリメニューを書いた終了証を交付するとかも必要と思うと伝えた。
個人面談に時間がかかり11時10分過ぎに実際にプールに入ってのリハビリ教室です。
今回も水泳連盟のボランティアや市職員がプールの中はもちろんのこと着替えの段階から支援していただき助かりました。
水泳連盟のボランティアもやる気満々です。私一人のために3人も付いている。
前回も参加したもう一人の車椅子利用者は、このリハビリ教室が終わったらプールに来られないと言う。7回の教室開催中だけのリハビリではねぇ...。
川島の養護学校のプールでは、県の教育委員会から委託を受けて水泳連盟として支援しているという。
継続が大事です。私が今やっているような個人が介護事業所にヘルパーを派遣してもらい続ける水中ウオーキングではなく、水泳連盟に市が橋渡しし、リハビリ教室終了後もこういう支援体制が続くようにならないか、市に提案しよう。

|

« 自宅近くのコスモス畑で写真撮影 | トップページ | カルチャースクール申し込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市内温水プールで今年度第2期水中リハビリ教室初日:

« 自宅近くのコスモス畑で写真撮影 | トップページ | カルチャースクール申し込み »