« 映画を見てきました | トップページ | 松葉杖の返却 »

年金特別便が届く

P6040171 今、世間を騒がしている「年金特別便」が我が家にも届く。

若いとき働いたことがある会社の記録が無い。

30年以上前のお話です。

会社名も思い出せない。

今も存続しているのだろうか?

何ヶ月働いたのかも思い出せないが、給料はもらった記憶がある。

なにせパートのおばちゃんが大半の小さな会社です。

それも3社。

ちょうど石油ショックで、就職がうまくいかなかった若いときの話です。

少しでも心配のある方は、相談窓口に問い合わせろと書いてある。

その相談窓口の待ち時間が、4時間とか5時間とホームページに書いてある。

勘弁してよ。

国はいったい何を考えているんだ。

あまりにも無責任だし、配慮が欠けているよ。

余談:私の確定拠出年金の運用がうまくいかないで、この1年間で36万円の減。

老後は、すべて個人の自己責任だというのだろうか?

|

« 映画を見てきました | トップページ | 松葉杖の返却 »

コメント

僕にも来ましたよ。ドキドキしながら開封して確認したら、ちゃんと合っていた。
中小会社だとキチンとやってない所が多いみたいですね。特に60~70年代のはひどいらしいです。
ある友人が不明な点がいくつかあって、直接社会保険庁に行って問い合わせて解決したそうです。待ち時間が長くても残りの人生を考えて解決できるなら、待ち時間なんて短い!なんて言う人でしたよ。

投稿: 太 | 2008年6月 5日 (木) 08時37分

中小企業で70年代後半です。
社会保険事務所の相談窓口は、休日が空いているみたいです。予約制なのかそうでないのか、HPを見ると両方の解釈ができる文面になっているし...。
社会保険庁しっかりしてくれと言いたくなります。
予約制だと雨が降ると、杖では危ないし、困るんです。

投稿: てっちゃん | 2008年6月 7日 (土) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金特別便が届く:

« 映画を見てきました | トップページ | 松葉杖の返却 »