« 新しい入浴用座椅子が届く | トップページ | 毎日お風呂に入ることは贅沢? »

雨の日の通院

今リハビリに通院している病院は、広い駐車場と障害者用駐車場も3台分ある。

しかし、駐車場から病院の玄関までが遠い。

スタスタと歩ける人にとっては、何も感じない距離だが、

車椅子を車から降ろして乗れるようにセットして

施錠して車から離れるまで5分近くかかる。

それから玄関までが手動式の車椅子、脳性まひの私はスイスイこげない。

雨の日などは、ずぶぬれになる。

事前にPTに話し、広めの屋根のついた玄関に車を止めても良いことになった。

手動式車椅子を長く使っていると、頚椎症が悪化しそう。

不安があったが、なんとか杖をつきよたりながら荷台の扉を開き、積んである電動車椅子降ろすことができた。

今の状態では、降ろすことはできても、バッテリーをはずしても20キロ以上有る電動車椅子荷台に乗せることは無理なので、帰りは受付の職員に手伝ってもらおう。

できれば、障害者用駐車スペースには、運転席から手を伸ばせば届くところにインターホンでも設置して、受付の職員と連絡が取れるぐらいの配慮がほしいところだ。

今日のリハビリ。

緊張が激しく(過緊張と言うらしい)足は内転していて、とても歩行の練習どころではないみたい。

今日も、大半がマットの上でのストレッチで終わってしまった。

|

« 新しい入浴用座椅子が届く | トップページ | 毎日お風呂に入ることは贅沢? »

コメント

雨の日の通院、大変だね。

投稿: みゆきちゃん | 2007年4月 8日 (日) 03時16分

みゆきちゃん、こんにちは。
雨の日は、通院に限らず外出は大変です。
でも、今度の病院は、玄関に止めさせてくれることになり、助かります。

投稿: てっちゃん | 2007年4月11日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日の通院:

« 新しい入浴用座椅子が届く | トップページ | 毎日お風呂に入ることは贅沢? »