« 湘南ナンバーさようなら2台目 | トップページ | 脳性まひの悪い習性 »

リビングで転ぶ

昨日の夜、リビングで転んで、人工骨頭が入っている方の股関節を思いっきり床にぶつけた。

痛くて立ち上がることはもとより、左足を動かしたり、地面につけるだけで痛い。

脳性まひは、痛みに対して過剰な反射行動が出る。

トイレに行っても、大変だ。

手すりにつかまって立とうして痛みが出て、尻餅をつく。

尻餅をついたら、痛みで妻と次男、長女の3人がかりでも車椅子に乗せるのは大変です。

今日、介護役の長女を連れて病院に行く。

骨や人工骨頭は、異常なし。

単なる打撲との診断ですが、脳性まひは痛みに対する異常反射があって大変だ。

入浴もまた自力で、できなくなってしまった。

土曜日なので市役所もやっていないので、ケースワーカーに相談もできない。

支援費より融通がきくという「生活サポート事業利用者票」を使って、入浴介護受けられないか事業者に電話した。

とりあえず今日、明日入浴介護のヘルパーを派遣してくれないか?

引っ越してきて、こちらでは、自力で入浴できていたので、支援費の「障害福祉サービス受給者証は、発行してもらっていない。

正式に契約してからでないと派遣できないとの返事で、市役所で相談してからもう一度連絡してくれと。

私は、「緊急時、臨機応変に対応してくれる」サービスが生活サポート事業だという認識でいたけれど、違っていた。

困った。

|

« 湘南ナンバーさようなら2台目 | トップページ | 脳性まひの悪い習性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リビングで転ぶ:

« 湘南ナンバーさようなら2台目 | トップページ | 脳性まひの悪い習性 »