« リビングで転ぶ | トップページ | 明日からヘルパーさんが来てくれる »

脳性まひの悪い習性

一昨日転んで、人工骨頭が入っている方の股関節を思いっきりぶつけた。

単なる打撲だと医者は言うけれど、脳性まひの場合、痛みに対し緊張のコントロールがうまくいかなくて、動かすと痛いと解っていても足が反射する。

また痛くなって、足が勝手に反射する。その繰り返しで、悶絶状態になる。

トイレに行って、手すりにつかまり、痛くないほうの足に重心を移して立とうとするが、左足が床に軽く触れただけで、痛みの大反射で足が持ち上がる。

はたから見ればなんでそこまで足を高く上げなければならないの?

という感じです。

左手で手すりにつかまっているけれど、反射の方の力が強くバランスを崩す。

おしっこをするのにも一苦労だ。

車椅子に座って足を車椅子の所定の場所に乗せるときも、手で押さえながら、ゆっくりと下ろす。

この痛みと反射、緊張のコントロールが制御できるようなるには、時間がかかりそう。

我が家は車椅子でも生活できるように最低限の工夫はしたつもりだが、痛みと反射については考慮されていない。

明日、自宅に入浴介護のヘルパーさんを派遣してもらえるよう市役所に相談してこよう。

まったく立つことも歩くことも痛くてできない状態で、市役所に車を運転して行き、車へ車椅子の積み込み・積み下ろしは、専用の装置無いので、踏ん張って積み下ろしをしまければならないので、転倒するおそれがある。

|

« リビングで転ぶ | トップページ | 明日からヘルパーさんが来てくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳性まひの悪い習性:

« リビングで転ぶ | トップページ | 明日からヘルパーさんが来てくれる »