« 自力で入浴 | トップページ | 2007年のスタート »

第3年金の選択

退職手続きがまだ完全に終わっていない。

退職一ヶ月前までに送れと言ってきた書類の中に、

第3年金部分の手続きが、会社側担当者のの手違いで

古い書式の物が送られて、私は、第3年金部分は

とりあえず「100%繰り下げ」を選択し、送った。

その後、新しい書式の申請書が送られて来て、

私の場合

①全額一時金で受け取る。

②企業年金連合会の通算企業年金に移管する

③個人型DCに移管する

の三つの中からの選択だそうだ。

再提出しろと言って来ている。

普段こういう年金のしくみについて勉強している人ならば良い。

何が有利なんだ?

年金についてわかっている人が書いた文章を読んでも

さっぱり意味不明です。

選択については自己責任だと言いたいのだろうけれど

あまりにも解らない。

また、暫定的な処置として

障害厚生年金の支給停止を受けている者はうんぬんと

私に該当しそうなわけのわからないことが書いてあるし...。

絶対に退職向けての事前説明会みたいなものがあるよ。

私はお馬鹿だけど、他の人が理解できるとは思えない。

説明書何回も読んだけれど意味不明です。

休職していたので、そんな説明会の案内は届かない。

担当者にメールを出しても返事が来ない...。

|

« 自力で入浴 | トップページ | 2007年のスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3年金の選択:

« 自力で入浴 | トップページ | 2007年のスタート »