« カブトムシ | トップページ | 認定調査の日時の連絡がある »

病院のスロープの傾斜

P7250367 いつもリハビリに行っている病院の正面玄関に、ふたつのスロープがある。

①左のスロープは42cmの高さのところにあるフロアーに登るのに350cmのスロープの長さです。

②右のスロープは43cmの高さのところにあるフロアーに登るのに550cmのスロープの長さです。

半年ぐらい前、①のスロープを電動車椅子で登っていたら、重心がだんだん後ろに行って、前輪が持ち上がってきて、とうとう後ろに頭から転倒してしまったことがあった。

病院のスロープなので安心していたのが、悪かった。

右のスロープでは、今のところ転倒していない。

一般的には、スロープの勾配は、屋内で8%(高さの12倍の長さのスロープが必要です)。

屋外では5%(高さの20倍の長さのスロープが必要です)。

車椅子用のスロープは、設置すればよいわけではありません。

70cmの高さを3mのスロープで上がる簡易式スロープが売っていますが、後ろから押さえてもらわない限り、確実に転倒します。

|

« カブトムシ | トップページ | 認定調査の日時の連絡がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院のスロープの傾斜:

« カブトムシ | トップページ | 認定調査の日時の連絡がある »